2015.1.14-2.1 下田ひかり個展”やがてゼロに至る黙示録” ゲスト作家として参加します。

shimodahikari-1.jpg

2015.1.14(wed)-2.1(sun)に行われる、

大好きな下田様の展示にゲストとして呼んで頂きました。

この日のためだけに用意した特別な催しを三つ程、披露させて頂きます。

beginning of the endと共に作り上げる音の展示作品「Drawing in Dreams 2」 arai tasuku&岡野勇仁(グランドピアノ)によるライブショー「廃屋の雨」 会場限定CD「untitled 2」販売

下田大先生の命がけの展示に花を添えるべく、

どれも命がけで制作しました。

入場無料なので是非遊びに来てください。

<会期> 2015.1.14(wed)-2.1(sun) 11:00-20:00 ※1.19&1.26 月曜休館 ※最終日は17:00 まで 会期中、出展作家によるトークイベントと、ゲスト作家araitasuku によるライブショーが催されます。 [Opening EVENT / LIVE&TALK] 1.14(wed) 17:00- [Reception Party] 1.17(sat) 17:00-20:00 [Performance LIVE] 1.23(fri) 18:00- <会場> The Artcomplex Center of Tokyo (ACT) 東京都新宿区大京町12-9 B1F artcomplexhall TEL/FAX|03-3341-3253 Mail|info@gallerycomplex.com <料金> 入場料無料 <協力> KURUM'ART contemporary

<出展作家> 下田ひかり http://hikarishimoda.com/ <ゲスト出展> arai tasuku(音楽) / 上野陽介(絵画) / 内田ユイ(絵画) 大槻香奈(絵画) / 川村元紀(インスタレーション) ノモトヒロヒト(写真) / ふみふみこ(漫画)

やがてゼロに至る黙示録 様々な宗教の世界では「終末論」という考えがある。 絶対者( 救世主) が世界を終わらせる時、苦難の世に生きる人々にとって、それは救いであるというのだ。 しかし未だこの世に救世主は現れず、苦難の世は続く。人類は戦争を繰り返し、原発事故後も 懲りずに原発を作り続け、生きる為に病み、「人類を滅ぼす」為に一生懸命だ。 個人の力だけでは曲げようもないこの途方もないパワーは、予めDNA に組み込まれているとしか 思えない。いずれ人類が人類を滅ぼす。 それならば、人類にとっての救世主は何だろうか。人類が 人類を滅ぼし、自ら苦難の世を終わらせるなら、人類は自分達を滅ぼす救世主を自分達の手で 創り出すのだろう。 あらゆる生物が遺伝子によって無意識化のうちに生死を繰り返し、進化と退化を繰り返して続いて いくように、人類も集合無意識によって神を創り出し、滅んでいくのかもしれない。 では、こんな世界を再びやり直す為に必要なものは何だろう。 人類が滅びない為に成すべき事はあるのか。 もし人類が滅んだとして、もしもう一度人類が始まる として、そうなった時に必要なものは何だろうか。 現代とは、未来とは、宇宙や神とは。 現代と未来を見据え、見る人に問いかけになる展示にしたい と考えている。                                                                             下田ひかり


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags